出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いのエピソードを紹介

中部・関西地方

クラスでも特に目立たない彼をいつのまにか好きになりました

高校時代、同じクラスの彼と共通の友達を通して仲良くなるようになり、私から告白して付き合うようになりました。徐々に私に高圧的になる彼でしたが、別れることは嫌でした。しかし遠距離になり彼に何度目かの別れを切り出された際、それを受け入れました。

奈良県桜井市の奇跡の出会い体験談

クラスでも特に目立たない彼をいつのまにか好きになりましたの画像

私と彼は2年生の時にクラスが同じになりました。もともと特待生でそのクラスのコースに入っていたので、1年の時から月に1度勉強会のようなものがあり同じ時間を共有していたのですがお互いに全く意識はしておらず存在すら知りませんでした。

2、3年とクラス替えがないので2年から同じクラスだったのですが特に関わることもなく、「クラスの中の1人」という印象でしかありませんでした。

しかし3年生の夏ごろ、私が1年の時から同じクラスで仲が良かった子と彼が仲良くなったのをきっかけに、時々話すようになりました。
彼はクラスでも特に目立つ存在でもなく、どちらかというと暗い感じのイメージだったのですが関わってみておもしろい人だと印象を受けました。

それから席が近くなったり、授業で同じグループになったりとして徐々に話すことも増えていき、自然と意識するようになりました。それは彼も同じだったようで、私もなんとなく見られているという意識を持つようになりました。

そして休日に2人でも会うようになり、私から告白をして付き合うようになりました。お互い初めての彼氏・彼女だったのでとても初々しかったように思います。
初めの方や、付き合う前はこちらに気を使って合わせていてくれてたのでしょうが、3か月を過ぎたころから徐々に彼の態度が変わっていきました。

学校にいるときは私が恥ずかしかったのもあり

学校にいるときは私が恥ずかしかったのもありの画像

一緒にいることは少なかったのですが2人になるとだんだんと上から目線でなにかと私をばかにしてくるようになりました。それが冗談だったり、私が悪かったら反省もできるのですがそれとは違い、なんというか見下していると私自身は感じるようになりました。

また短気でよく物にあたったり大声を出して威嚇することもありました。しかしそれでも愛されているということが伝わっていましたし、別れたくいないほど好きだったので自分が耐えればいい、気をつければいいと離れることはできませんでした。

そしてお互い大学生になり、遠距離恋愛になりました。月に1度は会ったり電話もするようにしていたのですが、会うたびに怒られたり気まずい雰囲気になるようになり、あちらから別れを切り出され私が引きとめることも多くありました。

もうすぐ2年記念日という数日前に彼から電話があり、好きなのかわからなくなったと言われたので、それならしかたがないと別れることになりました。散々引きとめていたのですが、好きという気持ちともう耐えられないという気持ちのせめぎあいがしんどかったのもあり別れることを決断しました。

思い返すと正直友達としては良い方ですが彼氏として、人としてはなかなかにひどい方でした。それでも私を初めて受け入れてくれた他人であったのでとても自分の中で大きい存在になっており、依存もしてしまっていたのだと思います。そのせいもあってか、ふっきれるのに1年半ほどかかりました。

奈良県桜井市で人気の出会えるサイト

-中部・関西地方
-