出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いのエピソードを紹介

中部・関西地方

遠距離恋愛へ…さみしさに負けてさようなら

合コンで出会った同じ年の彼。付き合い始めた当初は一緒に過ごす時間も長く楽しかった。しかし彼の転勤を機に遠距離恋愛へ。さみしさの積み重なりから自分の気持ちが変化いていき…彼とのすれ違いからお別れへとつながっていく。

滋賀県大津市の奇跡の出会い体験談

遠距離恋愛へ…さみしさに負けてさようならの画像

彼との出会いは友達が開いてくれた合コンでした。20~30代の方が集まる合コンだったのですが彼は偶然にも私と同じ年齢でした。真面目そうな、優しい印象を持った私は自分からアプローチしました。

彼の方も私のことを気にしている様子でした。周りから見てもお互い気になっているんだろうという雰囲気があったのでしょうか、合コン終わりにいじられまくったのを覚えています。彼は地方出身で大阪の会社に就職したばかりでした。口下手で人見知りなところがありましたがそこが私と似ていて親近感がわきました。

合コンで連絡先を交換し、後日二人きりで会うことになりました。カフェでお茶しゆっくりとお話ししました。帰り道、彼から「付き合ってくれないですか?」と告白されました。

私も彼に惹かれていたのでお付き合いを始めることにしました。デートはお互いの家へ行ったり、お互いインドア派だったので出かけることは少なかったですが楽しかったのを覚えています。3か月ほどたったころ彼の転勤が決まりました。

急でしたし関東と遠いところだったことからすごくショックを受けたのを覚えています。彼についていきたいと思ったのですが自分自身も仕事があり現実的な考えではありませんでした。彼もかなり落ち込んでいる様子でした。

もう別れないといけないのかなと思った矢先、彼から「遠距離でもいいから付き合い続けたい」と言ってくれ遠距離恋愛を選ぶこととなりました。しかしそれとともに私は遠距離恋愛をしたことがなかったので不安に感じていました。

遠距離開始後に彼からは毎日のように電話がありました

遠距離開始後に彼からは毎日のように電話がありましたの画像

電話で彼の声を聞くだけでほっとした気持ちになりました。しかし実際会えないことに対する寂しさが積み重なっていくのを感じていました。

交通費も高いのでお互い会いにいけるのは1か月に1回程度でした。
3か月ほどたったころ、寂しさの積み重ねからか、彼に会いに行くこと,電話することがめんどくさく、気持ち的にしんどくなっていました。

彼と会っても電話しても前ほど楽しくはなく会話も弾まなくなっていました。彼はそんな私の様子に気付いたのでしょうか、それまで以上に連絡してくるようになりました。

私の仕事中でも関係なく連絡があるのでしんどく思い私の気持ちはますます薄れていきました。このままではだめだと思い、私から彼に別れを告げました。

彼は「なんで?」「何かした?」と困惑している様子でした。遠距離に疲れたこと、毎日の連絡が辛かったことを話し彼から「そうやったんか、ごめんね」と言われたときは申し訳なくなりました。

自分の気持ちをもっと早く伝えていればと後悔しましたが別れたあと、すがすがしい気持ちを久しぶりに感じたのを覚えています。

滋賀県大津市で人気の出会えるサイト

-中部・関西地方
-