出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いのエピソードを紹介

中部・関西地方

初めてだらけの熱い熱い略奪愛からの遠距離恋愛

同じサークルの一つ下の彼と偶然電車で会ったことがきっかけで急接近。新年会で泥酔した彼は私に猛アタック。熱狂アタックに負けた私は、告白を受けて付き合うことに。留学が決まっていたのでそれまでの間お互いの親に紹介したりと他の人よりも何倍も濃厚な時間をすごしました。

兵庫県宝塚市の奇跡の出会い体験談

初めてだらけの熱い熱い略奪愛からの遠距離恋愛の画像

私が21歳だったとある秋の日、 彼氏とも付き合って一年ほど経った頃のできごとです。
同じサークルに属していた彼。歳は同じなのですが、 一年浪人していたため面識はほぼありませんでした。

その上、あまりサークルにも顔を出さない彼だったので、 試合のときに一度話したきり。さわやかで人当たりが良くて良い印象を持っていたのはあったので すが、学年が違うためそんなにお互いのことも知らず、私には恋人がいたので恋愛関係に は程遠い関係。

そんな私たちに転機があったのは、とある登校中の一日。
彼に電車で偶然会ったのです。
そこで学校まで一緒に登校し、 たわいもない話をしたたった30分でしたが、私の中で何かが変わった瞬間でした。

そこから一気にお互いの距離が縮まり

そこから一気にお互いの距離が縮まりの画像

約束をすることはなかったのですが自然と毎週その電車に乗るたびに彼と一緒に登校するようになりま した。
お互いのSNSにコメントを書き込んだりいいねを頻繁に押すよう になり、
お互いを意識するようになっていきました。

そんなこんなで1ヶ月ほどそのような関係が続き、 クリスマスになりました。
クリスマスの日には彼氏とデートをしていたものの、 頭の片隅には彼の存在が常にチラホラ。

そして、年が明けた新年会。 参加をしないと言っていた彼がなんと参加すると言ってきたのです !
その頃には少しずつ気になる存在になりつつあったので、 私のテンションはかなりup!

とても喜んで新年会に行きました

とても喜んで新年会に行きましたの画像

大勢の中で割りと近くに座った私たちはその途中でも色々話してい ました。
そして会の中盤には彼はかなり酔いが回っている状態。

そして解散の時間になり同じ方面の私ともう一人と三人で電車に揺 られていると突然手を握られどきっとしたのを覚えています。
そして、乗り換えのホームでいきなりキスをされ、 なんで彼氏いるの?俺じゃだめ?などとかなり迫ってきたのです。

周囲に人が来てもお構いなし。 さすがに私はそこまで寄っていなかったため、やめよう!と冷静に突っ込んでいましたが。そして、 終電がなくなってしまうので泣く泣くお互いの帰路に着きました。

そして、その時は酔っていただけだろうと思っていた私は、 後日改めて言ってたことって本気?
本気で付き合ってっていってたの?と聞いたところ、
本気だし、俺についてきてほしいと言われました。

それを聞いて私はもうお付き合いしていた彼氏に別れを告げました

それを聞いて私はもうお付き合いしていた彼氏に別れを告げましたの画像

しかし、テスト期間中だった私たちは、 ちゃんとテストが終わってから告白したいからそれまで待っていてと言われました。
そのためテストが終わるまではちゃんとしたデートもできないよう な純粋な大学生!な恋愛をしていました。

そして、テストが終わって晴れて彼から正式に告白を受け、カップ ルとなったのです。
その後、私には数ヶ月後に留学が決まっていたため、 時間がありませんでした。

なので、会えるだけ会うようにしていました。
私が旅立つまでに色々なことをしてあげたいと言う彼は、 私のために多くの時間を最低くれました。
そして、 家族にも紹介したいと言ってくれ彼の家にお邪魔することになった のです。

初めて彼の家に行った日には前日から風邪をひいていた上にカラオケに行ってしまったため、声がでない。。。 質問されても精一杯かすかすな声で返答するしかできない。。。

ご両親と会話がほとんどできないという始末

ご両親と会話がほとんどできないという始末の画像

そして、その後は、私の家に遊びに来て母親とご飯を囲んだり、 友人とも一緒に遊んだり、旅行へ行ったり、遠距離恋愛になるまで のお互いの時間をとても大切にしていました。

出発が迫ったあるデートでは、 今はお互い夢があって結婚はできないけど、留学を乗り越えてお互いの夢をかなえたら結婚したいとも思ってい ると言ってくれたのです。
私は、 何で留学という道を選んでしまったのだろうと思うほど後悔したの を覚えています。

しかし、時間は経つもの。あっという間に出発当日です。
その日は彼も友人たちと一緒にお見送りに来てくれました。 うれしい反面寂しくて仕方なかった私は、夢を追いかけて留学をするはずなのに大号泣をしてしまいました。

ここから、数ヶ月お互い遠距離をしましたが、結局時差や距離に負けてしまいお別れしてしまいましたが、略奪愛なんて初めてだった私にとってはとっても刺激的な熱い恋愛でした。

兵庫県宝塚市で人気の出会えるサイト

-中部・関西地方
-