出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いのエピソードを紹介

中部・関西地方

私はお仕事で彼は遊び。全く恋愛感情なんてなかったのに

私も彼も最初の出会いは嘘から始まりました。私は思ってないのに、褒め言葉を並べ、彼は嘘の職業を言い、クールな男性を演じていました。しかし、あることをきっかけに食事へ行き、遊ぶようになり、愛し合い、なくてはならない存在になりました。

兵庫県明石市の奇跡の出会い体験談

私はお仕事で彼は遊び。全く恋愛感情なんてなかったのにの画像

私が飲み屋でアルバイトをしている時でした。私の仕事はお客様を楽しませて、リピーターになって頂くこと。新人だった私は必死で話を盛り上げようと頑張っていました。

そして、彼の隣へ座った私はいつも通り盛り上げようと必死に喋っていました。しかし、彼はクールなまま。全く笑わない。私が「何の仕事してるの?」っと聞くと、彼は「弁護士のたまご」っと一言。何故か私はその時に「この人と友達になりたい」っと思ったのです。

私のアドレスを教え、連絡を取ることに。初めは彼も遊び相手くらいにしか思ってなく、私も友達っと思っていました。一緒に居たら楽だし、趣味も合うし、笑いのツボも一緒。何よりも、いつも割り勘にしてくれる。

私は付き合っていても奢られたり奢ったりするのが苦手だったので

私は付き合っていても奢られたり奢ったりするのが苦手だったのでの画像

何も言わなくても割り勘にしてくれる事がすごく楽でした。ある日、なんとなく「仕事大変?弁護士ってどんな仕事?」っと聞くと彼は「え?なんの話?普通の会社員やけど」っと悪びれもなく言い放たれました。

嘘をつかれていた私は少しショックだったけど何故か笑って「やっぱり?」っと言っていました。お酒を飲むことが好き者同士で意気投合したのか、初めは軽い気持ちで付き合うことに。

友達からの延長線であまり変化はないかと思われたのですが、付き合ってみるとかっこいいし、優しいし、いつでも会いに来てくれる彼が大好きになっていました。買い物へ行ったり、山へ夜景を見に行ったり、映画をみたり。映画を見ると彼は寝てしまってたけど、私は一人で集中してみれて楽しかった。

一人で映画館に行くのは勇気がいるけど二人なら恐くない

一人で映画館に行くのは勇気がいるけど二人なら恐くないの画像

大半は車の中で何時間も喋っていました。たわいもない話をして笑ったり、ちょっとした事で喧嘩して泣かされたり、私が帰る!っと喚いたこともありました。

でも、彼は傍で頭を撫でてなだめてくれてました。時には二人とも疲れて寝てしまっていたり。特別な事はあまりなかったけど、日常に彼と居れることが幸せで楽しく過ごしていました。しかし、ちょっとしたすれ違いで別れる事に。私から別れを告げました。

いつもクールな彼が私好みの服装や眼鏡をかけて、懸命に引き留めてくれ、最後には「お前の味方がおらんくなっても、俺だけは味方でおるから。お前から離れへん」っと言われ、彼とよりを戻すことに。色々と山あり谷ありでしたが、楽しく過ごせて、喧嘩もできて、疲れた時には何も考えず寝れる存在が一番大切だと思う瞬間でした。

兵庫県明石市で人気の出会えるサイト

-中部・関西地方
-