出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いのエピソードを紹介

北海道・東北地方

はじめての年下彼の愛情は深く心の広さに完敗

年下の人と付き合うことに一切興味がなかった私でしたが、その彼の真剣なアプローチにお付き合いすることになりました。やがて付き合っていく中で私の子供な性格も行動も、全てを寛大に包んでくれる愛情の深い彼に私も本気で恋に落ちていきます。

山形県山形市の奇跡の出会い体験談

はじめての年下彼の愛情は深く心の広さに完敗の画像

彼と出会ったきっかけは、友達の飲み会に私が顔を出したことでした。帰り際に少し友達の顔を見に寄っただけの場所がスタートでこんなに濃い恋をするなんて、その時の私は一寸たりとも思いませんでした。

すでに酔いの回った友達をからかいながら、向かいの席に目を向けると、同じくこちらを見ている幼い顔の彼。
ばっちり目が合い、少し焦りながらも会釈して、私はすぐに居酒屋を出ようとしました。

出口へと向かっていると、後ろから「すみません」と声を掛けられました。立ち止まり振り向くと、そこには先程の彼がいます。次に彼から出た言葉に私は驚きました。
「電話番号教えてくれませんか?」

真面目な顔で言われて、悩むこともなく私は番号を教えていました。普段ならこんなことはありません。付き合ってから、どうしてすぐに番号を聞いたのか、教えたのか2人で笑い合うことになります。
番号を教えた私は、名前を聞くこともせずに家に帰りました。
そして翌日のこと、知らない番号からの通知に電話に出ると彼からでした。

その電話をきっかけに食事に行き、名前を聞いたり年を聞いたり、友達関係が始まりました。
年を聞くと、22歳だった私より2歳年下の彼で、高身長で大人びた顔や雰囲気から年下に感じることはあまりなかったように思います。

それでも付き合うなら絶対年上が良いと日頃から言っていた私だったので

それでも付き合うなら絶対年上が良いと日頃から言っていた私だったのでの画像

彼には男性を意識することなく会っていました。
何度めかに食事に行った時、彼がお仕事でこちらに来ていることを聞かされ、一年後には地元である熊本へ帰ると言っていました。

そしてそのときに、「居酒屋で出会った時に一目惚れをしていました。お付き合いしてください」と告白されました。
告白された私はもちろん「嫌です」の一言です。今まで10歳近く年上の方とばかり付き合ってきた私に年下は考えられなかったのです。

それから彼は、遊ぶ度に、電話で話す度に、自分がどれだけ私を好きか熱烈なアプローチを繰り返しました。
根負けといえば聞こえが悪いですが、最終的にお付き合いすることにしました。

いざお付き合いしてみたら、今までの年上の方と大差ないくらい落ち着いていて大人な彼でした。
喧嘩することは一切なく、私がわがままを言っても笑顔で許してくれたり、気づけば私が彼なしでは生きていけないくらいに好きになってしまいました。

そして一年後、彼が熊本に帰らなくてはいけない日が近づきました。
こんなに好きにさせといて酷いよ!と喚く私に、彼は熊本に帰る3日前、指輪をプレゼントしてくれました。
必ず迎えに来るから、それが達成されたら結婚しようとプロポーズ付きで。

やがて遠距離恋愛が始まりましたが、好きになりすぎたのが行けなかったのか、私が寂しさに耐えきれなくなりお別れしました。
好きなのに別れるのは辛いです。指輪は今も大切にしまってあります。

山形県山形市で人気の出会えるサイト

-北海道・東北地方
-