出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いのエピソードを紹介

関東地方

私が振ったのに振られたみたいに悲しいし未練タラタラ

私が最低なことをして私が振ったのに、今では私が振られたみたいに悲しいし未練タラタラ。愛されていたんだな?としみじみ思う。今更思っても遅いのにね。本当にごめんなさい。幸せになってくださいと心から思っています。

東京都渋谷区の奇跡の出会い体験談

私が振ったのに振られたみたいに悲しいし未練タラタラの画像

私と彼の出会いは就職活動中でした。
たまたま受けた会社の2次試験で出会いました。
その時はグループでの面接とグループでの活動を見られるとのことでたくさんの人が来ていました。
そこでたまたま同じグループになりました。

全員が初対面でしたが、選考なので、全員がライバルでした。
グループでの活動では、チームワークが見られるとのことで、話しすぎても、話さなすぎてもダメという中でどのように自分の立場を確立させるかが見られていました。

選考中の彼の印象はガツガツ来るなと思いましたし、私とはなんとなく合わないと感じていました。
選考が終わって解散したときにたまたま同じエレベーターに乗って同じ駅へ向かうこととなりました。

何人かいたのですが、たまたま隣を歩いていたので、面接のことや、グループワークのことを話していました。
話してみると選考中とは違ってとても話しやすく、駅までは少し遠かったのでその間に仲良くなれました。

このままさようならでは少し寂しいので連絡先を交換することになりその日はそこで別れました。
そのあとは連絡を取って会うことになり、何度か2人で遊びました。
彼は1回目から毎回私のことを送ってくれました。

今まで誰かに送ってもらったことがなかったということもあり、その時点で私は好きになっていました。
何度かデートした後、告白されて付き合うことになりました。

お互い最後の学生生活を楽しみつつデートもして充実した日々を過ごしていました

お互い最後の学生生活を楽しみつつデートもして充実した日々を過ごしていましたの画像

私は彼のことが好きでしたし愛されていると感じられて幸せでした。
しかし、春からはお互い違う会社で働きます。

それぞれ研修が始まり、お互いの同期との時間が多くなり、彼は元々少し嫉妬深いところがあったので、私が同期との時間を過ごすことにあまり良い気はしていませんでした。
しかし私は同期との時間が楽しく、仲良くなってきたので、春から頑張ろうと思っていました。

そんな些細なことから雰囲気が悪くなっていきました。
入社してからは時間が合わず、会える時間も少なくなりました。
同期と過ごす時間の方がもちろん多くなり、それを彼はとても嫌がっていました。

しかし、どうしてわかってくれないのかと私もイライラしてしまい、別れを切り出しました。
別れてからは私は同期と付き合い、今は結婚しています。
しかしふとしたときに彼のことを思い出します。

本当に好きだったな。と。しかし私から別れを切り出したので私から連絡をすることはできません。ましてや結婚してしまっているので私からはなにもできません。
ふと思い出すたびにどうか幸せになってくださいと思っています。

東京都渋谷区で人気の出会えるサイト

-関東地方
-