出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いのエピソードを紹介

関東地方

友人の結婚式で再会した小学校の同級生は競馬好きギャンブラー

友人の結婚式で会った彼は小学校の同級生でしたが、お互い全く覚えてはいませんでした。付き合い始めると彼が無類の競馬好きだと分かりました。その後、彼の転勤を機に2人の将来について話し合ったところ、先が見えない事にお互い気付き彼とは別れる事になりました。

神奈川県平塚市の奇跡の出会い体験談

友人の結婚式で再会した小学校の同級生は競馬好きギャンブラーの画像

当時、中国語を勉強していた先生の影響で中国楽器の二胡を習っていました。

しかし、その先生が中国に帰国してしまったので、違う二胡教室に通う事にしました。
年齢も職種も様々な人達が集まる教室で、あるレコード会社に勤務している女性とすぐに意気投合し仲良くなりました。

親しい付き合いも10年ほどになった頃、友人が結婚する事になりました。
結婚式は身内だけで、そのあとのパーティーは知り合いのお店を貸しきって行われました。

社内恋愛だった友人の仕事柄、マスコミの関係者も多く、華やかな雰囲気にちょっと押されぎみになりました。
メジャーなミュージシャンがVTRでお祝いのメッセージを贈っていたり、改めて友人の仕事はこういう世界だったんだなと感じました。

そんな華やかな雰囲気の中で、ちょっと異彩を放っている男性グループがいました。

とても静かに楽しんでいる彼らからは、何となく女人禁制な雰囲気がしました。
宴もたけなわ、あちらこちらで人々の交流が始まると、隣のテーブルの彼らとも話し始めるようになり、彼らが新郎の趣味である将棋仲間である事が分かりました。

あんなにイタリア男風なファッションに身を包んだ新郎から、将棋という日本らしい趣味があるとはちょっと驚きましたが、新郎エピソードも交えての彼らの話はとても面白く興味深い話もたくさんありました。

その中の1人であった彼と話していると、子供の頃に同じ地区に住んでいた事が判明しました。

しかも同じ小学校の同級生だったようなのですが

しかも同じ小学校の同級生だったようなのですがの画像

違う保育園、幼稚園から小学校に上がり、彼が転校する5年生まで一度も同じクラスになった事がなかったためか、お互い全く覚えていませんでした。
なので特に懐かしさもありませんでしたが、変に子供の頃を知っている心地悪さみたいなものも無かったので、自然に付き合えたのかなと思います。

名刺交換をした際に彼から「覚えてないとは言え、せっかく再会できたんだからまた会ってほしい」と言われ、その1週間後一緒に食事し、それから彼との付き合いが始まりました。

エンジニアの彼は基本理系な思考のせいか、私の仕事の悩みにもとても理論的に意見を言ってくれました。

販売職という仕事柄、人と接する事にかなりのストレスを抱え込んでいた私にとって穏やかな気質の彼はとにかく一緒にいて安心できる人でした。
付き合い始めて知ったのが、彼がとても競馬好きという事でした。
といっても、所謂ギャンブルに嵌る、と言うのではなく自身の稼ぎ内で上手に遊んでいる印象でした。

会員制の馬主で常に2~3頭の馬は持っていたので、彼の愛馬を見に北海道旅行や競馬場にも一緒に行きましたし、彼の趣味や競馬仲間達との付き合いも尊重していました。

仕事を続けたいと思っていたのもあり、お互いあまり結婚願望も無かったので、2人の間で結婚の話をした事はありませんでした。
そんな時、彼が福岡に転勤する事になりました。
結婚にこだわっていたわけではありませんでしたが、思い切って彼に将来の事を尋ねてみました。

するとやはり結婚は憧れるけれど、自分の生活は変えたくないと言われました。私も結婚に憧れはあるけれど、結婚と言う形を取った時に彼との関係が終わる気がしていました。

きっと結婚に縛られて、彼のギャンブルが許せなくなるだろうし、そしたら彼の事も大嫌いになるだろうと思いました。
付き合っているうちはスルーできても、結婚した途端に私と彼の関係もダメになるだろうと感じたのです。

そして彼から別れたいと告げられました。
私から将来の事を訪ねられ、プレッシャーに感じたのかもしれません。
じゃあね、と彼とはその日でお別れしました。
その後は一切連絡もとっていません。

長く付き合った彼だったので、情もあり当初はかなり落ち込みましたが、もう一緒にいられないんだと、お互いに悟った瞬間に決断した別れのおかげで、彼との最悪の別れは回避できたのではないかと今は思えます。

神奈川県平塚市で人気の出会えるサイト

-関東地方
-