出会いの奇跡

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いの短編エピソードを紹介

中国・四国地方

長年の友達を好きになったが、失恋してしまった話

私の趣味だったある習い事をきっかけに出会った男性との話です。その男性は同い年でした。全くといっていいほどタイプではなく、口数の少ない彼と最初はそこまで喋っていませんでした。数年が経ち、徐々に打ち解けていった私たちは何でも相談できる仲になったのです。

島根県出雲市の奇跡の出会い体験談

島根県出雲市の奇跡の出会い体験談の画像

当時お互い恋人がいた私達の相談のメインは、その恋人とのことでした。もちろんお互いその気はありませんでしたし、親身に相談に乗っていました。

そして私が彼氏と別れ、自由な時間ができてからは、今まで以上によく彼の相談を聞いていました。その姿をみた周りが、私達がカップルかと勘違いするほどでした。彼はとても彼女思いでうまくいってほしいと願っていたので、私は純粋に二人を応援していたのです。

ところが、彼も彼女とうまくいかなくなり別れてしまいました。落ち込む彼を励ます日々で、素直な彼からは、私を頼りにしている、私がいて良かったと言ってもらいました。

そこからは自然と二人で出かける機会も増えました。もちろん友達としてです。食事をしたり買い物をしたりと、お互い気をつかわなくていいので楽でした。

飲みに行っても、二人でよく長々と語り合いました。彼は優しくて面白い人です。お互いに、一緒にいて楽しくて仕方がなかったのだと思います。

ところがある時、共通の知人にいっそ付き合うことを勧められました。

ところがある時、共通の知人にいっそ付き合うことを勧められました。の画像

私は考えもしなかったことに戸惑うと同時に、そこから彼を異性として意識するようになりました。

彼もまた、付き合うことを少し意識し始めたようです。毎日のように電話をして、仕事終わりに出かける日々が続きました。その頃には、私は内心このまま付き合えたらいいなと思っていました。彼も口にはしませんが、同じ思いでいたと思います。

ところが、物事はそううまく進みませんでした。別れたはずの彼女から彼に連絡が入ったのです。ようやく気持ちが吹っ切れかけたときに再びきた彼女からの電話。

彼はもちろん揺れました。私はそれまで散々相談に乗ってきていたので、彼の心の揺らぎが手に取るようにわかりました。
そして悩みに悩んだ末、私は笑顔で彼の背中を押したのです。結局その後、彼は復縁しました。私はこの思いを彼に告げることのないまま、失恋してしまいました。

今思えば、あと1日でも告白が早ければ、あと1日でも彼女からの連絡が遅ければ、こんなことにはならなかったかもしれません。タイミングって重要なんだな、と痛切に感じた私の失恋体験でした。

-中国・四国地方
-