恋心物語

偶然か運命か出会いの奇跡が起きた男女の素敵なのろけ恋愛・失恋体験談!思わず胸がキュンとする出会いの短編エピソードを紹介

関東地方

恋は突然に 電話から始まり恋に発展する恋話

私が大学1年生のある日、一人で夕飯を食べに行ったら、女友達から突然電話が鳴った。出てみると「何してるの?」と。私は「一人でパスタ食べに来てる」と言ったら笑われた。

静岡県静岡市の奇跡の出会い体験談

すると突然電話の相手が変わり「初めまして」と言われビックリした。顔も見たことが無いからお互い緊張したけど、話して行くに連れ、なぜか盛り上がり、1時間程電話をしました。

そして数日後、友達から写真が送られてきて、見てみると私のタイプの方で、友達に「可愛い子だね」と言うと、来週ボーリングしようと言われ、浜松から静岡に向けて出発した。お互い緊張してるけど、とりあえず私は硬くならず、ノリノリで行った。

最初はチャラいと思われたのかもしれませんが、関係無しに話しかけ、相手も笑顔で返してくれた。ボーリングは10ゲームくらい楽しみ、みんな腕がパンパンになりながら焼肉を食べに行った。

私は喫煙者ですので、最初は気を遣いながら吸ってましたが、タバコ吸いなよ。という言葉に優しさを感じた。お互いが何の部活、バイト、趣味を持っているか、また好きなアーティスト、好きなタイプなど話して、焼肉を食べている間に少しは知れたと思う。共通できたのが、趣味の旅行だった。

その日は夜が遅く、連絡先だけ交換して解散しました。

しばらく彼女とやりとりし、今度二人だけで会いませんか? と言ってみたら「もちろん」との返答がきて、後日また焼肉に行き、おすすめの夜景に連れて行き、そこで私から「一目惚れしました。付き合って下さい」と言いました。

これを言うのに約1時間半、モジモジしてた記憶があります。彼女からは「私もです。よろしくお願いします」とのこと。実は一番初めの電話の前に、友達が彼女に僕の写真を見せていて、話してみたいと言う電話だったらしい。それから、大学生と言うこともあり、お互い時間がある為、デートに出かけたり、私はサッカー部だったので試合に観に来てくれたりしました。

ある程度したら、旅行の計画を二人で立て、国内を始め、海外(タイ、ハワイ)にも行きました。凄く楽しいくれたり充実した大学生活でした。
しかし、良いことばかりでは無い人生です。
就職活動をしていて、お互い内定をもらい私の勤務先発表が出されて、彼女は静岡、私はなんと東京。遠距離恋愛になってしまいました。

社会人になり、お互い仕事が忙しく以前より会う回数や連絡を取る回数は激減しました。 それでも私は週1回静岡に行く努力をし、会うようにしてましたが、毎回私が静岡に行ってたので、彼女も気を遣い、それがストレスに変わってしまいました。会えるのは嬉しいけど、ストレスを抱えたく無い気持ちは充分分かります。

すると彼女から夜21時頃、「今から東京行きます」と連絡があり、「何で?」と聞いても返信が無く、家に到着し突然泣き出し、「別れてほしいです」と。理由はストレスが一番でした。申し訳無い気持ちでいっぱいですが、3年半の思い出は忘れません。

-関東地方
-